ベルタ葉酸は妊娠する前からしっかりとっておくことがとても大切

葉酸は妊娠する前からしっかりとっておくことがとても大切

葉酸を妊娠中に摂った方がいいのは、今や妊娠希望の女性ならほとんどの方がご存知なのではないでしょうか。

 

葉酸はビタミンB群の一種で、血液を作ったり細胞分裂が正しく行われるのを助ける役割があります。受精卵からどんどん細胞分裂を繰り返して成長を続けていく赤ちゃんにはとても大切な栄養で、妊娠中に葉酸を一日400μgとると、赤ちゃんの神経管の先天異常のリスクが劇的に下がることが知られています。

 

このことから今や葉酸は妊婦さんに必須の栄養素とされ、妊娠中葉酸のサプリメントをとる方も増えてきました。

 

このベルタ葉酸ですが、実は妊娠中はもちろん妊娠前から摂っておいた方がいいんです。というのも赤ちゃんの脳や神経系がつくられるのは妊娠初期なので、妊娠に気付いた時にはすでにもう葉酸が一番必要な時期にさしかかっていることもあるんです。

 

赤ちゃんが一番葉酸が必要な時に、確実に一日400μgの葉酸がとれている状態にするためには、妊娠の最低1ヵ月前からベルタ葉酸を摂ることが勧められています。とはいっても1か月後に妊娠するとわかる人なんていないと思うので、妊娠したいと思ったらその日から葉酸を意識してとるようにするのが確実です。

 

葉酸がたっぷり含まれている食材は緑黄色野菜やレバーなのですが、葉酸は水溶性のビタミンなので茹でたり加熱したりするとどんどん溶けて食材から出ていってしまいます。だから葉酸が多く含まれている食材をたくさん食べても、実は思っていたほどの量の葉酸が摂れていなかったということもあります。

 

確実に一日400μgの葉酸をとるには、やはりベルタ葉酸サプリメントを飲むのが確実です。

 

今は妊婦さん向けの葉酸サプリが色々出ているので、その中から自分に合いそうなものを選ぶのがいいでしょう。葉酸をとるというのはとても簡単なことですが、それをしているだけで赤ちゃんの神経管の先天異常はかなりの確率で予防になります。

 

妊娠初期の赤ちゃんの発達に大きな役割をする葉酸は、妊娠する前からしっかりとっておくことがとても大切です。