日頃から適度な運動と食事をきちんと行うことが妊娠への近道

日頃から適度な運動と食事をきちんと行うことが妊娠への近道

妊娠を希望している方において、妊娠しやすい体になるにはどうしたらよいか日々検討している方も多いはずです。

 

まずは現在の食生活や日常生活を見直すことはとても重要になります。現在は飽食の時代とも言われていますが、インスタントやレトルト食品など数多くありますし、ファストフードも豊富にあるため、おやつ感覚で簡単に食べることができ、食生活がかなり高カロリーになるケースも多くあります。

 

ビタミンやミネラル不足になり現代型の栄養失調になることもあるため、この状態が続くと妊娠力も低下する傾向にあります。まずは栄養バランスが取れた食事をきちんと行うことで妊娠力にもつながります。高カロリー摂取での体重増加、または急激なダイエットによりホルモンバランスの崩れによって妊娠しずらくなります。

 

亜鉛の不足も妊娠には大きな影響があります。卵胞の成熟や受精卵の分割など亜鉛は関係があるためミネラル不足は妊娠力を高める効果があります。また、鉄分の不足によって卵の成育に必要なエネルギーが上手に作れず、卵子や精子の質の低下につながります。毎日、ちょっとしたことでよいので、料理する際にはオリーブオイルを使用したり、豆類やナッツのような植物性たんぱくが手軽に取れる食べ物を取り入れるなど、工夫することで妊娠には大きく影響してきます。

 

適度な運動を取り入れることで、体のバランスも整い代謝も良くなるので妊娠にもつながります。規則正しい生活を送ることで月経も整いますし、排卵もきちんと行われるようになります。元気な卵子で毎月きちんと月経があり、排卵も行われる体を作ることが妊娠への近道になります。

 

決まったリズムや周期で体は活動し、休息する繰り返しで少しずつ体内から変化していくのを実感できるはずです。体のバランスが整うことで、日常生活も大きく変化してきますし、体内時計もきちんと動くようになります。妊娠力は日常生活の中でできるため、日頃から適度な運動と食事をきちんと行うようにしましょう。

 

近年では妊娠を希望しているのに、なかなか妊娠できないという方が増えています。

 

特に30代を超えると、5人に1人は妊娠出来ずに悩みを抱えているとのこと。ここでは妊娠しやすい身体づくりについてお話していきたいと思います。

 

まずは身も心も健康になることが1番です。規則正しい生活とストレスのない生活を心がけましょう。自分ができることを一つずつ取り入れて無理はしないことが大切です。太陽とともに生活することがとても大切です。朝起きたらカーテンを開け、太陽をしっかり浴びましょう。太陽と共に生活することで、妊娠力を高めてくれるメラトニンを体内でしっかり作っていきます。またメラトニンは質の良い睡眠を作ってくれるのでとても大切です。

 

睡眠は身体づくりの基本となります。質の悪い睡眠は妊娠力を弱める原因と言われています。

 

なるべく早寝早起きでメラトニンを沢山作ってあげたいですね。日中は程よく身体を動かし、肉体的に少し疲労感が感じられる程度が好ましいです。

 

そして夜はゆっくりお風呂に浸かり身体を温めてあげましょう。

 

冷え性の方は特に注意が必要です。子宮の冷えによって妊娠しずらいということがとても大きな原因になります。

 

また血液の流れを良くしていくことがとても大切です。忙しく、夜はシャワーで済ませてしまいがちですが、毎日、ゆったりとした気持ちで1日の終わりにお風呂に浸かることが身も心もリラックスでき、妊娠への近道となるでしょう。

 

次にバランスの良い食事を心がけましょう。とくに大豆イソフラボンは妊娠力に欠かせないものとなってきます。

 

毎日の食事に積極的にとりいれてみてください。お豆腐や納豆はそのまま食べることができ手軽に摂取できますね。

 

豆乳も毎朝牛乳代わりに飲むと良いです。苦手な方は蜂蜜を混ぜたり、牛乳に混ぜても良いですよ。そして、無理せず、自分らしく、ポジティブでいることが凄く大切です。ストレスのない生活が1番の妊娠への近道となるでしょう。楽しみながら妊娠力を高めていくことが大切です。