ベルタ葉酸にも含まれるヒアルロン酸の効果まとめ

ベルタ葉酸にも含まれるヒアルロン酸の効果まとめ

ヒアルロン酸って、普段からよく聞く成分ですよね。

 

ベルタ葉酸サプリにもヒアルロン酸は配合されています。

 

意識して摂取していらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか?美容に良いから摂取しているという人も多いと思いますが、ヒアルロン酸のことを詳しく知っていますか?

 

私達が普段からよく耳にするヒアルロン酸って?

 

ヒアルロン酸というのは、私達人間の体内にもともと存在する成分で、グリコサミノグリカン、つまりムコ多糖の一種です。

 

その中でもヒアルロン酸は、高分子量が100万以上になると言われているほど高く、保水力に優れているとされる物質であり、たくさんの水を蓄えています。その実力はたった1gで6000mlの水分を保持できるのだとか。私達の体はほとんど水分から構成されていることはご存知ですよね。このことからヒアルロン酸は、私達になくてはならない存在だといえます。

 

ですが、加齢と共に減少するのもヒアルロン酸の特徴なんです。

 

ヒアルロン酸は、赤ちゃんの時が一番多いとされており、20歳まではさほど影響がないんだそうです。

 

ですが、30代から急激に減り始め、40代に突入すると赤ちゃんの頃と比べたらヒアルロン酸は半分にまで減少、60歳になった頃には4分の1になるんだとか。ヒアルロン酸が減ることによりどうなるかは、この後の説明で分かるでしょう。

 

ヒアルロン酸はどんな働きをしてくれるの?

 

ヒアルロン酸は、細胞と細胞の間に存在していて、水分の保水力保持、そして細胞を守る役割もあります。そのため、ヒアルロン酸はさまざまな場所に影響を与えるんですよ。

 

例えば、肌や関節軟骨の機能維持や、眼精疲労そして老眼の改善、さまざまな栄養素の運搬機能、卵巣の働きの補助による生理痛穏和や更年期障害の改善など。

 

他にも、特にお肌には大きな影響を与えます。

 

そもそもヒアルロン酸といえば、化粧品などに多く含まれているのを目にしますよね。ヒアルロン酸配合!ってよく聞きませんか?それはヒアルロン酸がお肌に大きな影響を与えているという証拠でもありますよね。ヒアルロン酸がお肌に与える働きは、シワやたるみの予防や改善、粘弾性や保湿性の維持などです。

 

つまり、ヒアルロン酸が十分であると、お肌の美しさを保つことができるんですね。

 

ヒアルロン酸を効率よく摂取するにはどうすればいいの?

 

ヒアルロン酸が多く含まれている食品は意外とたくさんあります。

 

鶏の軟骨や手羽先、皮などの他にも豚足や鮭、カレイや魚の目、そしてフカヒレやすっぽんやうなぎなどの動物食、もずくやめかぶ、山芋や納豆やオクラなどの植物食にも含まれているんです。ですが、美容効果を期待して摂取するなら一日200mgほどの量を摂取しなければなりません。更に、ヒアルロン酸は分子が大きすぎるため、なかなか吸収さないと言われているんですね。

 

食事だけではなかなか難しいと思います。

 

では、どうすれば良いのかといいますと、やはりサプリメントやドリンクに頼る他ないですね。その中でも、低分子ヒアルロン酸と表示があるサプリメントやドリンクを摂取するのが良いでしょう。

 

効率的な摂取方法は、まず時間帯を考えて摂取することが大切で、人間の体は寝ている間に新陳代謝が行われるので、夕食後辺りに摂取するのが一番効果的だと思います。他にも、コラーゲンが不足するとヒアルロン酸は居場所を無くしてしまうので、コラーゲンを一緒に摂るとより効果的だといえますよ。

 

ベルタ葉酸ならこの問題を解決していると言えるでしょう。

 

ヒアルロン酸に副作用やデメリットはあるの?

 

ヒアルロン酸は、摂取すること自体には何も問題がなく、副作用もほとんどないんだそうです。なので、サプリメントやドリンクなどもそこまで気にする必要はないと思います。ですが、ヒアルロン酸注射となれば気をつけなければいけないことも増えてきます。

 

まず、十分な除菌がされていない状態で注射受けた際に起こり得る、細菌感染。

 

他にも、注入した箇所が浅かったり、分量が多すぎる場合に発生する皮下組織化。こちらは医師の経験不足や怪しい場所で処置を受けたりする場合に出てくる副作用ですね。それ以外にも、アレルギー反応が出たり、内出血があったり、痛みや違和感を感じることがあるんだとか。

 

これらの副作用が怖い方は、副作用についての対応がちゃんと用意されているのか、医師と相談した方が良いかもしれませんね。ヒアルロン酸は、私達の健康に大きな影響を与える働きをたくさん持っているんですね。摂取する際はその効能をよく知ってから、効率よく摂取することが大切だということがよく分かりました。